進学塾の講師のお仕事のやりがいとは

進学塾講師の仕事

進学塾の講師と言えば、テレビでよく見かける有名な塾講師のイメージを浮かべられる方も多いかも知れません。進学塾の講師は、教師と違って受験のプロであり、合格のためのノウハウを生徒に伝える仕事です。どういったやりがいがあり、どのような技術を身につけられるのでしょうか。このサイトでは、進学塾講師の仕事について解説します。

進学塾は、高校・大学などの上級学校への受験準備を行う塾のことです。指導方法によって個別指導と集団指導の2種類に分かれます。個別指導では1~2人の生徒を受け持ち、それぞれの習熟度に合わせて指導する点が特徴です。集団指導では、5~20人の生徒に対して講義形式で授業を行い、決められたカリキュラムに沿って指導します。集団指導では特に講師の高い技量が必要とされ、将来プロの塾講師や教員を目指す方だけではなく、企業への就職を目指す方にとっても良い経験となります。その理由は、社会人として役立つスキルも同時に身につけられるという点にあり、別のページで詳しく解説します。

また、自分が受験勉強してきた経験が役に立つのも良い点と言えます。たくさんの努力をされた方なら生徒の気持ちも良く分かり、親身になった指導ができるのではないでしょうか。

進学塾講師の仕事経験者に話を聞くと、やりがいを持って取り組むことができたという声が多く上がります。どのような体験がやりがいにつながるのかという点についても解説を行います。このサイトを通じて、進学塾講師の仕事について知識を深めていただき、今まで興味がなかったという方にも、魅力を感じていただければ幸いです。


★★ 塾講師 関連お役立ちサイト ★★
やりがいのあるアルバイトを探している方にとって、塾講師の仕事はぴったりでしょう。具体的な仕事内容について知りたい場合は、塾講師の求人サイトが役立ちます ⇒ 塾講師